Kai Table(カイテーブル)|引出しや扉が隠されたユニークなテーブル

Kai Table(カイテーブル)|引出しや扉が隠されたユニークなテーブル

見た目は上品なローテーブルに見えるKai Table(カイテーブル)
しかし、実は大小様々な合計12箇所の引出しや扉による収納スペースが隠されているのです。

まるでトランスフォームするように変化するテーブルはなんともユニークで、リビングでの散らかりやすい小物をスマートに収納できるので機能的にも優れたテーブルです。

『懐の広さ』を表現したおしゃれな木製テーブル

Kai Table(カイテーブル)をデザインしたのは平社直樹氏。
東京芸術大学美術学部デザイン科卒業で、2004年にhirakosoDESIGNを設立。その後、ミラノ滞在を経て国内外の様々な企業・プロジェクトへ参加しています。

Kai Table(カイテーブル)



見た目は上品なローテーブルに見えるKai Table(カイテーブル)。
もちろん、通常はこの状態で使用できます。



Kai Table(カイテーブル)の名称は、『懐(:カイ:ふところ)』から付けられました。その名の通り、『懐の広さ』を表現したテーブルで、大小様々な合計12箇所の引き出しや扉が隠されており、中は収納スペースとなっています。

12箇所の引き出しや隠し扉による収納スペース



テーブルのいろいろな場所が収納スペースとなっています。隠し扉を開いていくと、まるでトランスフォームするように見た目が変化していきます。

  • サイズ: 横90cm x 縦90cm x 高27cm
  • 材質: ウッド(構造部分=プライウッド・仕上げシナ材)

ユニークな使用方法だけでなく、実際に収納力のとても高いテーブルとなっています。気持ちを高ぶらせてくれるデザインのテーブルは、空間をおしゃれに演出してくれるのでおすすめです。

詳細情報・購入はこちらから