歌川国芳の猫の浮世絵がカワイイ湯のみに大変身!

n14352150

n14352150

n14352150

n14352150

n14352150

n14352150

江戸猫 湯のみ(n14352150)

江戸トップの絵師、歌川国芳が描いた猫の浮世絵が湯のみとなってついに登場しました!!
国芳というと美人画や妖怪画などが有名ですが、実は猫好きだったことはご存知でしたか?

国芳の工房にはつねに猫がたくさんいて、亡くなった猫はお寺に葬られ、家には猫の仏壇があり位牌も飾られていたそうです。そんな猫好きの国芳だからこそ表現できた浮世絵は現代でも愛される理由の一つなのでしょう。
猫好きの方が見たら思わず手に取りたくなるこの湯のみは、日本らしさが感じられ外国の方へのお土産としてもたいへん喜ばれると思います。

歌川国芳(うたがわくによし)江戸時代後期に登場した天才浮世絵師

近年も斬新な造形性が再評価され、現代の若者たちをも魅了するようになりました。

「猫飼好五十三疋」は東海道五十三次の宿場名を猫の生態の地口(語呂合わせ)で表現した人気のシリーズです。

三嶌→三毛ま:三毛猫は魔物。化け猫。手ぬぐい被ってアアコリャコリャ。

戸塚→はつか:おっと二十日ねずみだ。
川嵜→かばやき:クンクンうなぎのかばやきうまそうだ。蒲焼は漆の岡持ちに入っている。

【商品サイズ】

  • サイズ:高さ10 x口径7.2cm
  • パッケージサイズ:縦11x横7.5x奥7.5cm
  • 重量:300g
  • 主材:陶器
  • 日本製

猫の生態を通して江戸庶民の生活も見えてくるから面白い!
是非この湯のみを手にとってじっくり絵柄をご覧いただきたいと思います。

※送料・お届けまでの日程についてはこちらをご確認ください。

¥1,000(税別)
在庫状態 : 在庫有り
数量